年度末

別れの季節、花束を抱えた人を沢山見かけます。生花もいいけど、ドライの花で永く楽しむのもお勧め!